会社案内

ホーム > 会社案内

ごあいさつ

大竹 裕

1927年創業以来、大竹建機産業(株)は都市づくりをサポートする企業として技術の高度化・多様化・そこに暮らす人々の意識の変遷など、求められる側として、何をもってお応えする事ができるのかを常にお客様の立場にたって考え、充実したサポート体制をめざして変化・成長してきました。
今後も安全で快適な環境づくりのために私たちは常にサポートビジネスの形を考え続け、より高いパフォーマンスを提供できるよう努めてまいります。

企業理念

私たちは、安全で快適な都市づくりを支える企業として、
常にサポートビジネスの形を考え、
より高いパフォーマンスを提供できるよう、
「変化」「挑戦」し続けます。

会社概要

商 号 大竹建機産業株式会社
所在地 〒456-0014 愛知県名古屋市熱田区中田町5-23
連絡先 TEL.052-681-1151/FAX.052-671-3139
URL http://www.o-take.co.jp
Eメール info@o-take.co.jp
資本金 5,000万円
年 商 45億円
創 業 昭和2年10月1日
設 立 昭和31年12月24日
代表者 代表取締役 大竹 裕
従業員数 50名
建設業許可 愛知県知事許可(般-28)第12445号
 建築工事業、電気工事業、機械器具設置工事業
愛知県知事許可(特-28)第12445号
 土木工事業、とび・土工工事業、石工事業、鋼構造物工事業
 舗装工事業、しゅんせつ工事業、塗装工事業、水道施設工事業
電気工事業の届出 愛知県知事届出第120019号
 一般用電気工作物及び
 自家用電気工作物
事業所  本社・三河営業所
関連会社  ナゴヤ建機センター株式会社、静岡ヤンマー株式会社 、
オータケホールディングス株式会社、株式会社全進
販売先  建設業者、重電メーカー、電気工事業者など約1,000社
取引銀行  三菱UFJ銀行 金山支店
大垣共立銀行 内田橋支店
愛知銀行 金山支店
事業内容 01.土木建設機械・道路舗装機械など各種建設機械
     およびその部品の販売・レンタル・メンテナンス
02.建設資材・機材の販売・レンタル
03.推進機器の販売・レンタル
04.汎用ならびに船用内燃機関およびその部品の販売
05.防災用発電装置および常用電源装置、省エネ、
     コージェネシステムの販売、施工、保守、修繕、管理
06.産業用蓄電池の販売、保守、管理
07.ビル用受変電設備・中央監視システム装置・変圧器の販売
08.コンテナハウス・組立ハウスおよび付帯設備の販売・レンタル
09. OA機器の販売・レンタル
10.防護柵の施工
取引メーカ
及び取引商社

朝日スチール工業(株)、岡谷鋼機(株)、(株)小松製作所
酒井重工業(株)、 三協フロンティア(株)、三協立山アルミ(株)
新光ナイロン(株)、JFE建材(株)、 四国化成工業(株)
住友建機(株)、積水樹脂(株)、 大嘉産業(株)、谷口産業(株)
(株)鶴見製作所、 日工(株)、日本製鉄(株)
日成ビルド工業(株)、 日鉄建材(株)、範多機械(株)
日之出水道機器(株)、 日立建機(株)、北越工業(株)
前田工繊(株)、 丸藤シートパイル(株)、(株)マキタ
(株)明和製作所、 ユアサ商事(株)
(株)LIXIL、リス興業(株) ほか

(株)GS ユアサ、日新電機商事(株)、(株)東芝インフラシステムズ
ヤンマー(株)、ヤンマーエネルギーシステム(株)
ヤンマー建機(株)、ヤンマー船用システム(株) ほか

沿革

1927年 高圧磁石発電機の製造・販売会社である大竹マグネット製作所を創立
1943年 日本航空発電(株)と改称し航空機用電装品を製造
1947年
合名会社大竹マグネット工業所を設立
1949年
石油およびディーゼル発電機の販売・修理部を設置
1956年 大竹マグネット産業(株)に改組
1960年 土木建設機械の製造・販売・修理事務の進展に伴い
大竹建機産業(株)と名称変更
1962年 電機部を設置し、非常用防災ディーゼル発電機および
産業用蓄電池を取扱う
1967年 建設機械修理部門を分離・独立。ナゴヤ建機センター(株)を設立
1972年 ヤンマーディーゼル船用エンジンの静岡地区基幹代理店として
静岡ヤンマー(株)を設立
1984年
OA機器を取扱う
1985年 工場・ビル・病院・学校など向けの、コージェネレーションシステムを
取扱う
1988年 下水道工事用の推進機器の販売・レンタルを開始
1992年 名古屋中小企業投資育成会社の投資企業になる。
三河地区における営業拠点として、三河営業所を開設
2003年 東芝(現:東芝インフラシステムズ(株))ビジネスパートナーとして(官需・民需系)電源設備の取扱いを開始
2004年
YUASAと日本電池の経営統合により、GSユアサの代理店となる
2005年 (株)アックスを吸収合併
2011年
日新電機商事(株)経由にて日新電機(株)商品(コンデンサーリアクトル)の取扱いを開始
2016年 設立60周年
2018年
東芝三菱産業システム(株)ビジネスパートナーとして産業系電源設備の取扱いを開始
自家発電設備の負荷試験を伴う消防法点検と予防的な保全点検を開始

▲ページトップへ戻る